戻 る
 blogをはじめました!

気張らず時折り(=不定期に…)、私たちの日常を綴ります。
お楽しみに~

---------------------------------------------- ✈
下の見出しをクリックでgooブログに移動します
🐈 下に見出しが出てこなければ、
  [こちら] をクリックしてください
 ---------------------------------------------- ✈
2016年
 1月


謹 賀 新 年


本年もよろしくお願いいたします。

2015年
 1月

hitsuji2015

謹 賀 新 年


本年もよろしくお願いいたします。

  9月
神戸やまぶき財団様の助成により
ウッドクラフト工房を設置出来ました
― ありがとうございます ―

右2枚の写真は初作品です




(写真を左クリックで拡大)
2014年
 1月



謹 賀 新 年


本年もよろしくお願いいたします。


8月・9月合弁号



Copyright (C) Himeji Convention & Visitors Bureau





『1年間、がんばります』

 駅前大通りに青、白、黄、ピンクの提灯が
  ズラリ並んでいます。
 8月2・3・4日は「お城まつり」
 提灯の上部には『揚羽蝶』の紋
 これは旧城主 酒井の家紋です。

 3人のお城の女王発表とパレードも毎年の行事。
 白鷺城にふさわしく、純白のスーツ姿も清楚そのもの。
 暑さも感じません。
 (百歳までいきたらお城の女王がchuーしてくれる)
 と、うちのおじいちゃん楽しみにしているんですが。
 本当?


『明るい瞳』

 夏休みを利用して高校生の研修を受け入れています。

 “元気・笑顔・挨拶”を心がけ、明るく積極的に
               コミュニケーションをとりたい”

 健康福祉コースの菜々恵さん、すてきな言葉をありがとう。
 夏の陽に輝く若葉みたいに、皆、キラキラしています。
 (ますます距離を感じるなぁ)



7月






『友だちになってネ』

 新メンバーのN君(20歳)に「おばあちゃん」と呼ばれた
 Aさん(73歳)。 怒ったよ。 プンプン。
 せめて(奥さん)と言って欲しかったそうです。
 坊主頭のTさんは「おじいちゃん」と呼ばれて
 「本当は若いんだけどなぁ」と苦笑い。
 さて、真実はどこに?


『夢の馬車街道』

 明治時代、兵庫の山奥で採れた銀は、姫路の港で
 船に積み込まれ、大阪の製錬所に送られた。
 政府の造った、港までの荷馬車用の高速道路は
 いま『銀の馬車道』と呼ばれています。
 
 ハーモニーでは、沿線の特産品を使った焼菓子を発売。
 ゆず、しょうが、もち麦など。
 商品を手にした、リエ、マイ、ミホの3人娘が
 読売新聞に載りました。
 
 クッキー食べ食べ、馬車の旅はいかが?



この夏第3作業所で カフェ苺姫と焼き菓子工房をオープンします!

みなさまにお届けする案内状のために写真をいっぱい撮りました。

今日は3人の苺姫がモデルさんです。

カフェのテラスはさわやかな風が通りとっても気持ちがいいんです。

ぜひいらしてくださいね。

 


6月








『I ♡ オバマ』

 N君から家族旅行のお土産をいただきました。
 某国大統領そっくりの顔が印刷された、こげ茶色の
 まんじゅう。
 「福井県小浜に行ったの?」「海はきれいやったか?」
 (ゲームができなくて、タイクツした)
 ところで、最後に1コ残ったオバマまんじゅうが
 行方不明なのです。
 みんな知らないと言いますが、中の一人は役者です。


『ぜんかい画廊』

 ハーモニーの近所に小さな画廊があります。
 前海さんのサラリーマン時代の夢が故郷で実現しました。
 黒田清輝の油絵、芸大の学生の版画など。
 月毎に展示も替わります。
 今日は、小さな空間が、地中海を望む白いバルコニーに
 なっています。あぁ、海と空!
 やっぱり、街道筋は文化のゆりかごじゃのう。



heart


平 成24年度NHK歳末たすけあい義援金の配分を受けて

二階廊下部テラスを購入・設置することができました。 

平成25年5月30日 福祉作業所ハーモニー



5月


car




『恐妻専用車』

 ハーモニーの前は南行き一方通行。
 逆行する車に「ダメダメ」と知らせてあげる時も。
 気付いた様子の大阪ナンバーの車には、ガッと口を
 開けた熊の絵と「女房が乗っています」のステッカー。
 顔を見るために近寄る人は多いかも。
 もちろん私ものぞきましたよ。
 何や、この程度か。


『カラスはアーティ スト』

 何者かが、2・3日毎にプランターの花をちぎって
 まき散らしていく。赤いゼラニウム、白いノースポール。
 蕾は残して咲いた花だけ。
 鮮やかだけど、許せん。
 毎年、駐車場に花苗を植えてくださるYさんが犯人を発見!
 カラス! 1羽の賢いカラスでした。
 (実は、メンバーのOさんをちょっぴり疑ってました。。。ゴメン)



4月



官兵衛




heart
『乗っ かるぞ! 官兵衛』

 地域振興にはNHK大河ドラマが一番。
 来年、軍師官兵衛が放映されます。
 お城の周りには、幟がいっぱい。
 姫路生まれの戦国の知恵者 黒田官兵衛。
 ハーモニーでは、2種類の「かん兵衛」を発売中。
 播磨黒田庄の金ゴマと黒ゴマを使用。
 柔らか頭で戦さの世を生き抜いた官兵衛...に
 ちなんだパウンドケーキです。 賢くなるぞ。


『幸せそう。ウフ フ。』

 Mさんのお母さんにばったり逢いました。
 母子3人で暮らしていましたが、2年前にお母さんは
 再婚して家を出ました。
 Mさんは作業所を休みがちですが、会社勤めのお姉さんと
 元気に暮らしています。
 
 「ときどき様子を見に行って、安心し て帰ります。」
 
 40代半ば。 お母さん、がんばってね!



3月


いかなご






shaking hands
『淡いピンクはコレステロール』

 兵庫・大阪の瀬戸内沿岸に春が来た。
 釜あげ? クギ煮? イカナゴの春です。
 元漁師の敬之介さん談。
 「昔は船がひっくり返るほど獲れたんや」
 若い漁師は戦争に行って、瀬戸内はお魚天国だったみたい。
 釜あげは柔らかくて食べやすい。
 しかし「血圧は上がるし、目がしょぼしょぼするで」
 淡いピンクは栄養満点の内臓です。
 食べ過ぎに注意!


『社長さんは大変 だぁ』

 (障)対象の就職セミナーに行ってきました。
 ハローワーク主催。
 
 ・ 笑顔で挨拶
 ・ 年上の人、上司との友だち言葉を慎む
              (求職者に臨むこと)
 
 企業は障害者を雇わねばなりません。
 日赤病院では、ドクターや技師に(障)の人がいます。
 
 ハーモニーの日常では、一般ピープルの常識から
 離れてしまいそう。
 アブナイ アブナイ



2月






『今年の目標』  3日坊主を含む!

 ・ 笑顔で過ごす(外ヅラだけでなく、内ヅラも)
 ・ 人の悪口を言わない(シワが増えそう)
 ・ 女を磨く
 ・ ぬらり、くらり、しぶとく
 ・ U.S.Jに行く
 ・ 時の流れに身をまかす(とは、言うものの・・・)


『ありがとう』 笑 顔で見せる療育手帳

 水色の手帳は宝物。
 これを持っていると、姫路市内のバスは無料。
 動物園も水族館もスイスイ。
 こんどの日曜は友だちと植物園に行きます。
 (療育手帳っていうらしい)

 75 才以上の無料バス券は、存続アブナイ感じです。
 早く年取りたい?



 2013年
 1月


 
作者:★PANDA'S ROOM★様



  謹 賀 新 年

本年もよろしくお願いいたします。
12


ハート



発見!
『ホメ薬の使い方』

 2Fの階段下にかわいいブーツが、きちんとそろえてあります。

  「靴がそろえてあると、はきやすいし、きれいね
 Aさん、さすが立派!」

  周りに人がいない時、そっとホメる。
 薬効がキレた頃、また一粒。
 時々は思い出してね、ホメ薬。


『私は大人。○○ ちゃんは、セクハラだよ。』

 「ここの作業所では、利用者を○○ちゃん付けで
 呼んでいるのですか」
 実習中の看護学生の様子を見に来られた
 S先生の言葉で目が覚めました。

  そうみんな18歳以上の大人です。
 親にとっては子供でも、世間では社会人なのです。
 学生実習は、こちらも学習できるチャンス。



11


person



person

『オープン ザ 塀の中』

 岩端町び少年刑務所でバザーのお店を出しました。
 踊りあり、音楽あり。手作り品、物産あり。
 「矯正展」という名の展示販売。
 一流の職人さんが、こんなにも服役中なのか
 と思うくらいの出来栄えです。
 地域に親しまれる施設。
 病院、学校はともかく、ムショまでもオープンなのですネ。
 みんなで行こう―――です。


『私より上手に描い たらアカン!』

 マキ先生を招いて絵を描きました。
 竹串を用いて太い線、細い線。
 なるほど、絵手紙らしい絵になりました。
 先生は本当に誉め上手。心理学者。
 あら、隠れた性格がバレバレ。
 


10







『幻のヨッしょい』

 彼岸花が咲き、やがてキンモクセイが香る頃、
 播磨に「祭」がやってきます。
 雄壮な灘祭り。 はねる。 踊る。 伊達ヨッしょい!
 ハーモニーオリジナル商品、ヨッしょいの注文があるのも
 この季節。
 「伊達ストラップ」はありますが、ウチとこの手作り「ヨッしょい」
 は材料が揃わなくて、現在製造休止。
 う~ん 悔しい! いつかまた・・・。


『おいしい』言って ますか?

 作業所の仕事はタイクツだけど、妹のミチコの作ってくれる
 弁当は唯一の楽しみ。
 腹時計はすすみがち。
 ひとくちパクッ。 思わず「おいしい」と、言葉がこぼれます。
 この積み重ねが、今日から明日へつながるのか。
 「おいしい」も、励ましの言葉です。
 


 9








『朝 露にぬれて』

 姫路市豊富町で穂の出る前に稲を収穫する「青刈り」が
 最盛期を迎えている。
 刈り取った稲わらは、天日と乾燥機で乾かし、暗室で保管。
 10月からしめ縄作りが本格化する。
 (ハーモニーで折っている紅白御幣が飾られます。
 伝統産業を支えているのです)


『暑さゆえ』

 暑さゆえ
   ものをきちんと
     ならべをる
 
 脱ぎ散らかした靴。西陽のきつい、玄関。
 温度計を見ると気分が悪くなる。
 停電の不安におののきながら、クーラーに頼る夏でした。
 
 脱原発-で大丈夫?     



 8 月

 
  
 





    
『おっちゃん、大好き』

 「おっちゃん おはよう!
 今日も逢えてうれしい。何かお話しして」
 若くて可愛いMさんからこんなに言われて
 うれしくない人がいるでしょうか。
 おっちゃんは共通の話題を捜そうと一生懸命。
 Mさんの祖父母の住む福岡には、おっちゃんの戦友もいます。
 「一緒に福岡に行こう」「ダ~メ」
 おっちゃん、大正14年生まれ 85歳
 Mさん、平成5年生まれ 18歳
 隣に住むおっちゃんは毎朝元気の種をまいています。



『工務店の幟ヒラヒラ』

 きょうこさんの住んでいた家が壊され更地になりました。
 夏草や・・・の句の通り、子供の背丈ほど草が繁っています。
 明石のマンションで、どんな暮らしをしているのか。
 エレベーターに1人で乗れるのか。
 どうしているのかなぁ。
 作業の手を止めて、時々、想い出しているんだよ。



 7 月



  








  
『グ リーン・サム』

 英語では、指に名前がある。
 親指はサム。植物を育てる名人。
 春は桜草
 夏はマーガレット
 秋はサルビア
 冬はパンジー
 時々やって来て玄関前の花の世話をしてくれる無口な
 サムおじさん、募集中。

 Tel:288-0723

 本気です。よろしくm(_ _)m
      


『ユーロ衰退 円高すすむ』のニュース

 「ヒェー、えらいこっちゃ!」とHさん驚愕の態で2階へ
 駆け上がっていく。「相談せんならん」
 あんた。€で工賃をもらっているの?
 (さて、相談の結果は)

      
      
      
 6 月



  







   
  
   

『こだ までしょうか』

 バーベキューをしました。
 
 楽しかったですか?
 楽しかったです。

 おいしかったですか?
 おいしかったです。

 またしようね。
 またしたいです。

 こだまでしょうか。 いいえ、そんなことはありません。


『お口にチャック(Y.K.K)』

 唄は良いもの、仕事がすすむ。
 話は悪いもの、その手が止まる。

 昔のように、海や山で働くときは、唄は良いものでしょう。
 室内作業の空気を和ませるために、ラジオをつけています。

 しかしラジオの話題に話がすすむ、こともあるのです。

 「あ、この曲知ってる」「明日は雨かぁ」 エンドレス...



 5月


 




  
『ウォー キングではやせられぬ』

 商品を詰め込んだ車を押して毎日通るヤクルトさん
 丸顔で明るい声のお母さん。
 ヤクルト飲んで こんなに元気!
 いつもニコニコ 夏の太陽にも負けないぞ
 渡辺 謙よりも 彼女をテレビCMに使いたい。
 「子供が保育園の時にこの仕事を始めました
 その一人娘が20歳になりました」



『花を喰う』

 昼休み 近くの東延末公園で弁当を食べました。
 ファー 花吹雪 花びらが髪に肩にそして弁当に
 一瞬 箸が止まりましたが友人はごはんと一緒に
 パクパク。(たべられるんや)(桜弁当やで)
 それならと地面に積もった花びらに手をのばすと
 「アカン」叱られました。 ?変だな。




 4月


 
      うすさま明王
     (便所の神サン)



   
『ト イレのそうじをさせて下さい』

 Kさんのお母さんからお便りがありました。
 学校では当然のことでしたね
 家ではみんなどうしているのでしょうか?

 トイレそうじ・風呂そうじ・食器あらい
  (ああ、イヤじゃ、イヤじゃ)
 お母さん、ありがとうございました。

 明るく美しい人です。
 神様はご覧になっているのですね。



『つぼみの季節に』

 ハーモニーは10~70代の人たちが
 利用しています。狭い作業所はいっぱい

 こんなに年齢差がある所は珍しいのです。

 時に競い合ったり、見習ったり。
 開花前のつぼみのエネルギーが欲しい。

 雨や風も大切な恵みです。




 3月


 




 
『キ リンにマフラーあげたいな』

 木下サーカスに招待されました。
 ¥2800のところを無料です。本当に有難いことです。

 赤いテントの横に時々キリンの顔?が見えます。
 いつも口をモグモグ
 彼の芸は首を上下に動かすだけ。
 象やライオンはステージが長く重労働
 ・・・・不公平じゃのう。



『アンデルセンの知らない話』

 施設職員対象『デンマークの福祉から学ぶ』の
 講演がありました。
 福祉の充実には愛と資金が必要
 収入の約50%は税金だとか。
 国民にも覚悟がいりますね。
 「マッチ売りの少女」
 彼女が今生きていたらどんなサービスが受けられたでしょうか。




 2月




  





   ・・・

『1945 年の遺跡』

 斜向いの空地で工事が始まりました。
 何か建つみたい。パワーショベルが穴を掘っています。
 地下50㎝くらいの所に帯のような真っ黒い地層が現れました。

 これは1945年、姫路空爆の証しです。
 「この辺は全部焼けたんや」焼野原のかなたにお城が
 見えたのでしょう。
 この黒土は人々の悲鳴や、血肉骨を包み込んでいるのです。

 200m東に弥生の住居跡、豊沢遺跡があるので
 「勾玉の一コくらい」と思ってみたのですが。



『スプリング ハズ カム 騒動』

 企業の請け負い。部品を組み合わせてカタチにしています。
 その部品が次々と小さく薄くなるのです。
 今は小さな2本のバネを溝に埋める作業。
 小さいくせによく飛ぶ(バネだから)小さいから見えにくい。
 床に落ちたバネを捜すのも仕事になりました。
 メンバーの情緒不安定は「ピョンちゃん」や「バネコ」のせいです。




 2012年
 1月


 




  謹 賀 新 年

本年もよろしくお願いいたします。
 12月

   





       
『テ レビの一場面』

 Bちゃんが机につっぷして鳴咽している
 いつも口数の少ない人だけにその姿は印象的です
 泣くことを知って少女はつよくなり

 さて原因は?



『スミマセン CMです』

 お菓子は いただきものが一番
 評判は アテにはならない
 食べてみなければ 味はわからん

 だからこそ あなたに食べてみて欲しい
 ハーモニーの「ごぼうクッキー」

 ごぼうに恋する人はいないけれど きっとあなたは
 ごぼうクッキーに夢中になります!

 12/14(水) 12/22(木) 12/27(火)は市役所でも
 又は直接作業所においで下さい




 11月
 

  





  
『きょ う子さん、幸せになってネ』

 去年 母が亡くなり 85才の伯母と暮らしていた きょう子さ ん。
 世話をしてくれた親せきの人も 今春 急死。
 生まれ育った姫路を離れることになりました。

 50才になっても少女のように ほんわかムードのきょう子さん。
 「オホホホ・・・・」と上品に笑っていた きょう子さん
 ハーモニー創立からのメンバーでした。

 元気でね。それを祈るばかりです。



『今だけ!よ』

 知らなかった!
 ビデオは未来を予約するものだったのです。
 朝8時からステキな旅番組
 夜 ゆっくり観ようと予約。アレ?今は9時。放映済み。

 過去に戻ることは許されないのです。
 意のままになるのは、現在だけか!
 しっかりしよっと・・・。




10 月
 

  .
...




  
  『金さん大好き』

 Mちゃんの夢は駄菓子屋さん
 9たす10は? わからない
 では、¥9たす¥10は? ¥19
 市役所やすこやかセンターでクッキーを売っているけれど、
 数字の前に¥がつくと、
 たし算もおつりの計算もできてしまいます。

 イケメンの店員さん募集!
 すこやかセンターのお婆ちゃんのハートをつかんで欲しい。

    
    
『市民の声』

 「今日は何月何日ですか?」
 障害福祉課の職員Nさん、A君にそんな質問を
 しないで下さい。

 ドット汗が吹き出るじゃありませんか。
 私は更年期障害なのでわかりません
 今年は・・・・平成23年でしたっけ?
 (面接に付き添った、職員T)
 



9 月



 





  
『大 丈夫か?流れる星に願いをのせて』

 旧暦で(本当はこの時期)七夕まつりをしました。
 ひとがたや着物を飾るのは姫路の海沿い地区の民俗。
    
 笹飾りの短冊をご紹介
   禁煙できますように
   就職したい
   Y君(彼)に逢いたい
   世界平和(実習高校生A君)
   (二重あご、三段腹は自己努力でお願いします)

 ボランティアのもっちゃん ありがとう


『本名「沖縄れいし」栽培メモ』

 緑のカーテンを夢みて 東の窓にゴーヤを植えた。
 ぐんぐん伸びて葉が繁り 黄色い花がたくさん咲いた。
 ところが~~
 雄花ばっかり 今年のゴーヤ
 「ゴーヤケーキ」で大もうけ
 ボーナス代わりのゴーヤ配布 みんな来年へ持ち越しです。
 (申し訳ない これでごかんべん)
 プチトマトくらいの実が1個揺れています。
 まあ しゃあないか。



8 月







  
『天 空散歩?』

 (A)天空の城(B)天空の城ラピュタ(C)天空の白鷺

 電動アシスト車椅子で(C)へ登ったよ
 天守閣を 同じ高さで 外から眺めました
 屋根瓦を除いた城は 羽をむしられた鳥・・・

 小豆島 淡路島 四国まで見えて これすべてワシの
 領地じゃ!



『就活の夏』

 特別支援学校
 6月、7月は実習ラッシュでした
 学校出たけど 行くとこない~~にならないように
 親も先生も一生けん命 手を尽くします

 学校からの実習を終え 夏休みに自主的に
 やって来る生徒もいます

 一般就労   聞き慣れない言葉ですが
 輝く頂きめざして ステップ ステップなのです




7 月

 




 
『あ りがとう 谷さん』
 
 向かいの「谷のおっちゃん」が亡くなりました。
 半身不随の病人と痴呆のかかった家族の世話。
 休む間もない数年でした。
 時にタンカも切る「ナニクソ」精神の猪年の男でした。
 ハーモニーの鍵を預け 植木の水やりも頼んでいました。
 
 (あー 忙しかった。やれやれ)
 今頃、極楽を満喫してるかな。



『はかないもの こそ いとおしい』

 NとIはタバコがやめられない。
 やめる気は さらさらない。
 時々 並んでケムリを吸い そして吐く
 無口なモクモクメイト。
 金銭よりも心の充足を大切にする お二人です。
 今日も炎天の戸外に立ってるヨ。
  



6 月


 
 





  
  『連れて行ってヨ、四国のⅤルート』

 連休にお姉ちゃんの運転で旅行しました。
 しまなみ海道を自転車で走って、めちゃ気持ち良かった。     
 
 ユースホステルに泊まった。
 
 鰹のたたきを食べたよ。(高知)
 坊ちゃん団子もおいしかった。(松山)    
 
 作業所にお土産を買ったので小遣いが減っちゃった。

 (Tちゃん、ありがとうね)



 『GREEN SAM』    
 
 トイレの窓は東向き
 いよいよ、これからは灼熱の密室になります。   

 「つるを這わせて緑のカーテンを作ったら?」 
 とNさん

 初めての利用者の提案!実現したい。
 さて、ネットをつける作業は誰が・・・?




5 月


 


 
『お リコーさん、こんにちは』

 事務所のコピー機はリースです
 背広の上品な紳士が「りこうです」と集金に来られます
 本当に利口そうな人なのです
 みなさん、リコーのコピー機をよろしくね



『新築の第二作業所で、クッキーの試作中』

 連日、いいニオイ
 Mさんが 名前を考えてくれました
   いちごハウス
 苺のビニールハウスか?
   お菓子の家
 ヘンデルとグレーテルだね
 魔法使いの婆さんが住んでるぞ?
   引き続き愛称募集中!




 4月



    

『な んだ、これは!!』

 東北・東日本の大地震と津波。
 現実とは信じられない光景です。
 その後から「放射能」「被爆」という言葉が重く
 かぶさって来ます。

 2011年早春を私たちは忘れることはできません。


『冠ついたヨ』

 さて、このたびNPO法人ハーモニー福祉会の運営と
 なりました。
  (日々の流れに変化はないのですが)
 ディサービス,グループホーム,はたまた居酒屋
 画廊の運営 etc。モデル派遣も。
 空は広い。夢は自由。

 地域の人たちと共に、明るく健やかに暮らして
 いきたいと願っています。




 3月


 




 
『  ひょっとして、ジェラシー?』

 今年は寒い。
 正月に雪が降って、その後も雪の日が何度か。
 駅からハーモニーまでいつもの倍はかかります。
 すべりそうだったからMちゃんと手をつないで行きました。
 うれしかった。
 また雪が降って道が凍らないかな。
 「手をつないだら危ない。ダメ」と職員のTさん。

 チェッ。


『愛称募集』

 南隣に第二作業所を建築中です。
 基礎のコンクリートにポツポツと梅の花が・・・?
 ノラ猫の記念サイン。 コラー!
 お前の手は借りんでもエエ。
 4月から2ヵ所で仕事をします。
 大忙しです。



& nbsp;2月

 


 
『卯年の夢

 パソコンをつかう
 能率あげて工賃アップ
 -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
 健康
 とりあえず家内安全
 -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
 トワイライト・エクスプレスに乗る



『この印籠が目に…


 市役所ロビーの「はあとふる・しょっぷ」
 作業所が授産品を売る場です。 
 お客様は神サマ?
   「これをオマケに付けてくれ」
   「もっと安うしてくれんかい」
   「ワシャ 障害者やのに」
 おじさん、ちょっと勘違いしてござる。
 そこのけ そこのけ 車椅子が通る。




 2011年
 1月


 




  謹 賀 新 年

本年もよろしくお願いいたします。
 12月




   






 
  『エリカちゃん ありがとう』

 一目で 知障 と分かるカッコウは悲しい。
 家族にとって、いつまでも幼い子供なのかも・・・。
 「よっしゃー!」 看護科の実習生“エリカちゃん”が
 おしゃれ心に灯をつけてくれました。
 男子禁制。 ファッションショーを開催。
 キャッキャッと笑い声が響きます。

 次の日、Mさんはピンクのセーターにスカート。
 指にマニキュア。 かわいいネ☆
 もうすぐ20才。 口数も多い。

 エリカちゃん、立派な看護師になってください。
 患者になって行くからネ。
 注射が下手でもいいよ。


『新物 凝縮した命売ります』

 大坪さん亡き後、夢前のハーモニー農園は草苑。
 草の中に倒れながらもエビス草(ハブ茶)は子から孫へ
 命を繋いでいました。
 隣のリンゴ畑まで侵入して、ひと莢(さや)づつ穫ってきた
 光江婆ちゃんの執念勝ち。
 「よく似たマメ科の草があってねぇ」 大丈夫?




 11月


  



  
ロ ボくんをよろしく

 新しい内職仕事。
 4つの部品を組んで出来上がり。
 肩をいからした黒いロボットの形。
 忙しい手を動かしていると心が充たされます。
 見よ! この完成品の山。
 その名もやさしい(顔はいかつい)「はなみずき」さんが
 運んでくれます。



『くっさー カメムシ王国』

 「枝豆を採りにおいで」を「受け取りにおいで」と
 勘違いをしたkさん。
 畑に連れて行かれてびっくり。
 「えらい目に遭うたワ」
 カメムシがたくさんついてきたのです。
 くっさー。
 さすがカメくん、グルメですね。




 10月


 




 

『千 日紅 - 生き抜く力

 100年に1度という灼熱地獄の今年。
 赤いボンボンみたいな“センニチコウ”
 百日紅はサルスベリ。こいつは根性なし。すぐ散る。
 吾亦紅は色気なし。梅干の種みたい。
 1000日も紅く可憐な穂がかすかな風に揺れて
 やっと秋を迎えました。
 (秋はもう来ないかと思っていたよ)



『♪ついて来いとは言わぬのに

 朝、JR出口に大柄なT君が人の流れに逆らって
 立っています(棒のようにボーっと?)
 そこへMちゃんがやって来ます。
 彼女はバス通勤で、この道路を通ります。
 (おう、待たせたのう)(イイエ、はい)
 小柄なMちゃんは外股で、ノッシノッシとお相撲さん歩き。
 大柄なT君はその後をチョコチョコと続きます。
 駅南大通で見かけたら「おはよう」と声をかけて下さいな。




 9月

 

 
『太 陽は母』

 しかし・・・今年の母は愛情が濃すぎる。
 人類滅亡の日も遠くないかも知れない。
 みな様、お体大切に(我が身を一番大切に)


『また来てね ― これ地域交流ってこと?』

 河野さんと左貫さんが手伝いに来てくれました。
 7月末、研修に来た飾磨高校の3年生です。
 早速、市役所出店 はーとふる・ショップの売り子さんに
 なってもらいました。
 いろいろ売れました。
 やっぱり女子高校生は明るい。
 将来の不安と期待と夢。がんばれ!




& nbsp;         (財) 木口ひょうご地域振興財団様より
            車両助成金をいただき、7人乗り車両を
            購入することが出来ました。
            送迎、内職の納品、引き取りに活用しています。

                 ― ありがとうございます ―
 
   

(画像をクリックで拡大!)



 8月


 



  
  『10時を過ぎても2人が来ない!』

 駅前の本屋でマンガの立ち読み。
 涼し~い。すいてる。
 1冊読み終えて、さぁ、行こうか。
 あら、10時を過ぎてたみたい。
 掃除も終わってたワ。時計ないもんネ。
 「朝の寄り道」は楽しいね。
 

『大切な言葉を英語で言うな!』

 看護科の大学生、福祉コースの高校生。
 この1ヶ月は研修の若者が連日、一緒に作業してくれました。
 学校は違えど、障と『コミュニケーション』をとり、
 理解するのが目的。
 申し合わせたようなこの文言はどこから来たものでしょうか?
 人は生き物。個々、違います。
 先生、もっと具体的なアプローチ、独創的な設問は
 ありませんか?



7 月

 



 
『ア メリゴ・ヴェスプィッチを知ってるか?

 日本は戦国時代、ヨーロッパは大航海時代
 とでも申しましょうか?
 アメリカという名称は、大陸発見者アメリゴさん
 に因んだもの。
 K職員の突然の質問により、私たちの教養は
 一段と深みを増した次第でございます。
 学舎を離れて○○年。
 勉強好きな本性がやっと現われてきました。


『遠き別れに堪えかねて

 学校時代から今日まで無欠勤のMさんが来ない!
 ハーモニーのメンバー、さとみさんが東京へ
 引っ越すことになりました。
 やさしいさとみさんとの別れがつらくて、 悲しくて
 朝、布団から出られなかったのです。
 ポーカーフェイスの裏に豊かな感情が育って
 いたのですね。
 ステキなレディになって下さい。
 見守っていますよ。



 6月

 


 
『M さんの日記』

 電車に乗って神戸に行きました。
 緊張して酔いました。
 元町駅でゲロを吐きました。ゴメン。
 南京町でラーメンを食べて、お土産を買いました。
 市役所の24階から海と山を見ました。
 (博物館の招待でエジプト展を観に行ったんですけどネ)


『もってけドロボー! 犬のクソ』

 母の日にプレゼントされたピンクのあじさい。
 鉢を軒下におきました。
 道往く人の目を楽しませたい。
 今朝見ると―――無い。
 ああ飾磨街道、ドロボー街道。
 哀しいなぁ。
 それでもせっせと花の鉢を飾る。
 K之介さんの奥様です。



 5月

  





  

『か たつむりのハイキング』

 T君の歓迎会を兼ねて手柄山公園へ。
 北に修理の始まった姫路城。
 南に海。
 戦没者慰霊塔もあって、平和の丘です。
 通常徒歩20分のところ、ハーモニータイムで1時間。
 ウチら、速さの違う時計を使ってます。

 戦後の復興に尽力した市長の銅像。
 おでこに鳥のフンがベッタリ。
 平和だねぇ。


『COME COME BABY』

 Mさんは赤ちゃんが大好き。
 赤ん坊連れの来客があると、
 メロメロになって寄ってきます。
 だっこさせてもらうと、もう、
 うれしくて、うれしくて。
 赤ちゃんに溶け込んでしまいます。
 Mさんと赤ちゃんをシャボン玉にとじ込めて
 空へと放してあげたいな。
 
 ことばにならない しあわせ。
 見ている私たちも しあわせ。



 4月

 

 
『あ なたの名前は何だっけ?』

 お家の人はあなたのことを何と呼んでいますか?
 ハーモニーのメンバーに質問すると首を傾けたり、
 即答できなかったり―――。
 家族の中でどんな存在なのか。
 家族のありようは外からうかがい知れません。
 同じ家族は1つとしてないのが現実です。
 たらちねの母の呼ぶ名は、軽々しく言えないのかネ。


『目標は企業就職!』

 T君の昼食は弁当とカップ麺。
 ご飯の残りをカップに入れて最後の一滴まで「ごっつあん」
 体が大きく、声の小さいT君は西陽に向かって
 自転車こいで帰ります。
 「気が弱くて」とお母さんは言うけれど、
 心優しい5人兄弟のお兄ちゃんです。
 鉄工所で働いた後、不景気でリストラされました。
 春を待つT君です。



 3月

 





 
 『人生劇場

 Aさんは時々役者。第2人生を演じます。
 パソコンをカチャカチャ操作し、(ブラインド・タッチ)
 ファイルに細かな数字を記入。
 トイレから出ると、立ったまま時を惜しんで書く。
 この小さな事務所のため、デスクワークを一手に引き受けています。
 オーイ専務! 弁当だよ。
 ・・・(返事がない)
 (本当は、ここに来るべき私じゃないんだ)
 Aさんの魂が叫んでいるようです。


『うまい鬼の味噌

 おにっこハウスの味噌を送っていただきました。
 国産といえど、豆の味。
 赤穂の天塩といえど甘くはなく。やはり塩。
 しかし―――
 氏素性の正しい土地の恵みを合体させて、
 おいしい味噌になりました。
 毎日食べても飽きないのが基本。
 おにっこの味噌は強くなれるぞ!
 森光子さんにも負けないぞ。
 おにっこハウスで
検 索
 
            
 埼玉県熊谷市板井 おにっこハウス



2月

 
    


 
『ア ンパンマンのマーチを歌おう!』

 なにが君の幸せ
 何をして喜ぶ
 わからないまま終る そんなのイヤだ
 忘れないで夢を こぼさないで なみだ
 だから君は とぶんだ どこまでも
 (愛と勇気だけが友達さ)
 ここは恥ずかしいから現実を知っている大人はハミングで。


『障害児・天才児』

 コウノトリが辻井さんの家に
 目の見えない赤ちゃんを運んできました。
 本人と親の努力で 彼はピアニストになりました。
 母親は子育ての執筆や講演で才能を開花させています。
 子どもは親を選べない。
 ―― 私だってすごい才能の種を持っているかも・・・。
 親の顔をチラリ。
 親だって言いたいよ。
 ―― やい、コウノトリ! 出来の良いのを置いていけよ。



2010 年
1月

 


 謹 賀 新 年

本年もよろしくお願いいたします。
12 月

 

 
『魔の唄

 里見さんはプロの歌手。
 小さな作業所にも歌いに来て下さいます。
 ただ、ダミア「暗い日曜日」は唄いません。
 人の魂を揺り動かす歌。
 自殺する人が出る歌だそうです。
 闇夜の海に舟を出す?

『ジョイフル スポーツ

 姫路市障がい者の運動会がありました。
 フルフル雨が降る。
 港近くのドームなので大丈夫。
 レースに優勝すると授産品が商品に出ます。
 ゲンコツでも貰えばうれしい・・・とは、本当ですねぇ。
 化粧ポーチを手に喜んでいるオッちゃんがいました。
 (こちらによこせ!)



11 月

 


  
『アーメンなんまいだ

 善教寺でピアノと琵琶のコンサート。
 アクセント ― び
はくだもの。
 しゃもじ型の楽器は
わ。
 住職さんは元TBSアナウンサー松倉さん。
 ちょいとうるさいよ。
 男らしく色っぽい琵琶の弾き語りはお寺にぴったり。
 仏さんもうっとり。


『連れて行ってよ、カルチャー不倫

 K之助さんと職員Tさんは、お手々つないで奈良・明日香村へ。
 二人は市民教養講座・歴史のお仲間です。
 飛鳥大仏や中大兄皇子・鎌足の話か?
 昼食の柿の葉ずし、又は腰痛・膝痛の愚痴か。
 土産は朱印帳だって。
 天国行きの準備かな?



10 月


 

  
『抵抗世代』

 ボランティアMさんはアラフォー美人。
 忍び寄る年波(としなみ)に内心おびえています。
 顔中、針ネズミのように針をうってもらったり、
 魔法の水で洗ったり・・・。
 あ、ゴマだと思ったらホクロだった!
 そのうち、老眼がすすめば、シミも見えなくなるよ。
 待てば来る来る老いの春。


『ほあ・ほあさんのポーポー笛』

 彼岸の中日、ギャラリー「ぶどうの木」で
 オカリナ・コンサートがありました。
 桃の蕾のようなほあさんが深い愁いと憩いを
 込めて鳩の形をした笛をふきました。
 え? 見たいでしょ。聴きたいでしょ。
 年に1度のコンサート。来年まで待ってね。
 (ハーモニーでは時々、生演奏もあります)



9 月


 




 
『床のみ掃くに非ず』

 隣は由緒あるお寺。
 街道沿いに築地塀が続きます。
 ン? 近頃、端っこの白壁が剥がれ落ちています。
 掃除の時間、ほうき係のAさんが掃いていましたネ。
 お寺の壁を!

 (ポロポロ落ちておもしろい)
 (掃除した気になる)

 仏様、見ないでね。


『知らないから、コワイ』

 私の家は古い静かな城下町。
 春はお濠の桜がきれいです。
 ところが、この町内に障害者のS作業所が
 引っ越してくるというのです。

 精神障害ってどんな人たちでしょう。
 危険なことはないのかしら?

 説明会も開かれたけれど、発言するのは反対意見の人ばかり。
 教養のある人も多いのですよ。でも・・・。
 みんな仲良く暮らしましょう。
 秋の空にすいこまれそう。



8 月

 
 




  





『「はい」で“優”』

 看護大の実習生、NEGIちゃんの快挙。
 5年間、一言も発しなかったMちゃんの口から
 「はい」を引き出しました。
 同じ年頃の女の子、なのね。
 20歳までに挨拶ができるよう。
 そしてハーモニーを卒業して就職 → 自立の
 ステップを踏んでくれたら・・・と願っています。
 レポートは“優”ですね、先生!


『昼に三日月』

 7月22日(水)。日食は朝から降ったり止んだり。
 K之介さんがおそろしく簡単な手製の望遠鏡(?)を
 持ってきて「あ、写った写った!」。
 確かに丸い光がビニールにチョロリと・・・。
 黒いプラスチックの箱をかざすと、ビルの横に
 欠けた太陽がはっきり見えました。
 「前回は小学校5年生やった」
 「黒い下敷きでみた」
 通りかかった郵便屋さんと一緒に古い世代は
 盛り上がっていました。



7 月


 


  
『これ一発で東大 へ・・・』

 水曜午後はサンサン堂。
 ツボ押しする人、される人になって練習します。
 足の裏に体全体とつながるツボがあるそうです。
 そこを押すと、遠く離れた部分が活き活きするんだって!
 ~ヘェ。
 東洋の神秘 遠隔操作。
 ただし、決定的欠点 ― 頭が良くなるツボは無い!


『一瞬の風』

 戸を開けて人が入ってくる。
 風とともに。風は常に新しい。
 ハーモニーの風はジイちゃん、オバちゃんの風。
 しかし、梅の晴れ間の4日間、ニイちゃんの風が吹きました。
 やさしくて男前。
 看護大生の実習でした。
 来月も楽しみ
 みなさん、シャンとしてましたネ。
 いつものアレは演技かい?



6 月



『Eiji ええ爺か 嬰児か??』

 英字新聞で作ったバッグ。
 いよいよ発売。
 縁のない人々がない知恵をしぼり続けておしゃれに創りました。
 四万十エコバッグより丈夫だよ!
 愚かな大衆よ こっち向け!
 ここに ええもんあるで!


『工賃はないかもネ』

 1ヶ月、下請けの基板仕事はゼロでした。
 おまけに新型インフルエンザ流行で1週間休業。
 ゴールデンウィークに続くシルバーウィークでした。
 風はさわやか。暑さはなし。寒くはなし。
 作業所は休み。 ヤッホー!
 来月も何か流行しないかな。
 マスクしても鼻くそいじったら意味ないよ、Mちゃん。



号 外



 
『緊張報告!!
   ウォーターベッド初乗り』

 仰向きになる ― 処女のごとく。
 突然無数の赤ちゃんの拳が背をたたく。
 足首、ふともも、腰、背中、肩甲骨、背筋へ。
 小太鼓、時には大太鼓。
 オシッコちびる・・・・どころか、骨ぬきになりました。

 クビラサンサン堂整骨院 5月11日開院。
 JR姫路駅南すぐ東。TEL 280-5733

 ウォーターベッド使用はタダだって。



5 月





『大波小波 ざぶりんこ』

 遠く離れた国で地震があったとさ。
 のんびり楽しく暮らしていた島の人たちに
 津波がおそいかかりました。
 4月、基盤の仕事は4日間だけ。
 世の中は不況なんだって。
 なるほど。 御幣を折る日々。 黙々と。
 あ~、これも残り少なくなってきた。
 ゆっくりゆっくりやって次の仕事へつなげなきゃ。
 みんな手が早くなって、リンダ困っちゃう。


『花なら「つぼみ」でございます

 18歳。卒業したばかりのMさんが新しくメンバーに加わりました。
 特技は速く歩くこと。
 散髪屋さんの娘さんです。
 髪も爪もお父さんに切ってもらうんだって(内緒)
 はじめは緊張して、お弁当を食べるのに1時間かかりました。
 さて、どんな花がひらくのかな?



4 月


 


 



『風に舞い上がる野口英 世』

 3月20日。彼岸の佳き日。
 ひめされん(姫路作業所)のイベントがありました。
 ハーモニーも手芸品やポン菓子の店を開きました。
 アーレー! 大風が吹いてアッという間に
 売上金が飛んでいきました。
 咲き始めの桜。お城。植木市(みどりいち)


『年頃とは何ぞや』

 老人や障害者の恋について、世間の人や家族は
 どう思っているのでしょう。
 ここには10代から40代の女性がいます。
 ある時は3,4歳。又ある時は大人の女性として
 大きな振れ幅の中で生きています。
 職員も一緒になって揺れ動き、時には(内緒だけど)傷つくことも
 あるのです。
 結婚したい。子どもがほしい。
 この気持ちに ウソはないのですが。



3 月





 
『オーイ哲平、元気 かぁ?』

 黒田哲平の母です。
 息子が大学生の時に発案したサイコロ型どうぶつ折紙。
 昨春、菓子博で飛ぶように売れました。
 (紙だからネ 軽い)
 今、子育てグループで人気です。
 夢を現実に頑張っている哲平君。
 家に山ほどあるのにハーモニーの張り紙を見て、ついつい3冊
 買ってしまいました。
 干支の12匹。¥300。ハーモニーで販売中。
 お尻や足も正確に描いています。
 いっぺん見たってな!


『相談したら家の恥』

 謙虚な人格、大人のマナー。
 こんなそんなを蹴散らして生きている我らがメンバー。
 ―― しかし、守り通していることもあります。
 「家の恥を外でしゃべるな」
 「人はパンのみに生きる」
 この硬い壁にしばしば負かされるスタッフなのです。



2 月






『パン・2のひるめし』

 職場は食場と心得ているAさん。
 楽しみは休憩のお菓子と弁当。
 今日、ピンクの弁当袋を前に、しぼんだ風船みたいです。
 「・・・弁当あらへん」
 何と、着替えのパンツが2枚入っているだけ。
 彼女にはパンツと弁当は必需品ですが。
 おかあさんも老化がすすんでますネ。
 お心遣い有り難く、パンツを2回、穿き替えました。


『シャンソンライブ IN ハーモニー』

 電子ピアノの伴奏つきで、里見知夏さんの歌を楽しみました。
 音楽は甘いお菓子のように、香りのよい花のように、
 心を包んでくれます。
 みんなうっとりと夢見ごこち(踊る人もいたけれど)。
 「ボランティア」という言葉に甘えて、お礼は神頭あばあちゃん
 の用意してくれた、カマボコ3枚。
 (また来てね)は、図々しい?



2009 年
1月




謹 賀 新  年

本年もよろしくお願いいたします。
12 月



 
   






 
  
     
『マルチの女、名画鑑賞 会へ行く』

 知的障害の知をマルで囲んで、マルチ。
 とても正直な人たちです。
 裸婦像の前で「キャ!」と、一声。
 まぁ、スッポンポンじゃありませんか。
 200年前の写実的な画は暗い。
 だってが電気がないもの。
 三宮で昼食。ファンシーグッズの店をのぞく。
 自分の意志で買物をしたことがないので、迷うばかり。
 目はクルクル。喉はカラカラ。付き添いのTさんのシワは増える。
 帰りついた山陽姫路の喫茶店で食べたクリームパフェが
 最高!!
 神戸市立博物館 コロー展へ、ご招待でした。
 また行こうね。


『SMILE SMILE』

 Sさんは言葉づかいの名人。
 基盤の部品入れが一列でき上がったら「うん、やればできる」
 昨日と違う服を着ている人に「ステキなお洋服ね」
 200円のおにぎり弁当を食べて「おいしかったワ。完食」
 ちょっと困った場面では、明るく「アラ~」
 チェッ。クソッ。なんて言いません。
 「学校でイジメられたことないの?」と、イジワルな質問。
 「覚えてないわ」とニッコリ。白鳩のような人です。
 (でも、悩みもあるのよ。)(明日も来てね。待ってるから。)



11 月











 
『お祭ドッコイしょ』

  播磨国10月は祭りが爆発。
 ハーモニーのオリジナル「だて綱ヨッしょい」がSさんのこぼれる
 ような笑みと共に新聞に載りました。
 「灘のけんか祭」前の熱い雰囲気に便乗して、問い合わせや注文
 のTelは鳴りっぱなし。
 すぐに在庫は売れ、電話機に向かって「スイマセン」と頭を下げる
 数日でした。

 「祭りの今、欲しいんや」 では、来年ネ。
 「いつでも良いよ」 大急ぎで作っています。
 
 テレビやラジオの情報はすぐ消えてしまうのに。
 新聞の力、文字の力に驚きました。
 でもコワイですねぇ・・・。
 
『雲に誘われて』

 Aさんは朝、お母さんとケンカをしました。
 「早よ起き!」 「自分のことは自分でしなさい」
 
 ・・・天気は良し。 弁当はある。 よし! 家出しちゃろ。
 北西に歩けば昼までに作業所に着くやろ。
 最近、また肥ってきて歩くのも辛い。 スピードはでない。
 あ、楽しそうな音楽が聞こえる。
 幼稚園の運動場をのぞいていると、近所のおばさんが
 「あんた、何しょってん。 捜してたんやで」
 うーん残念。 お騒がせしてスンマセン。


10 月





25 才の秋よ永遠に

  楽ちゃんは秋空の向こうへ行ってしまいまし た。
 「また来るわ」と別れた数時間後の旅立ちでした。

 赤ちゃんの時から脳腫瘍の後遺症という困難な人生を
 生きてきた楽ちゃん。
 繊細で純な心の彼女は、傷つき易く、悩むことも多かったでしょう。

 (アッハハハハ)
 大きな笑い声で内気なハーモニーの連中を元気づけてくれました。
 ありがとう。

 楽ちゃん専用のカップはどうするの?
 犬のナナのクッキーもたくさん残っているよ。
 もうすぐ大好きな祭りやで。

 悲しくてたまりません。
 

9 月



   








『今 のうちに伝えたい』

  地獄は地上にある
 それは戦争や
 
 敬之介さんが戦場体験を講演しました。
 香寺センターで約130人の人々が聴いてくれました。

 今のうちに伝えたい。
 南の島で起きたことを。
 死んでいった人たちの無念を。

 戦争を知っている人も老いていきました。
 平和に慣れてしまった私たちに警鐘を鳴らし続けています。

『ビッグサマー プレゼント』

 Sさんの豪華な夏休みは北海道2週間。
 両親は北海道出身。おばあちゃんが健在です。
 炎熱にあえぐ白鷺城から広大な北の国へ
 ひとっ飛び――――。

 「北海道も暑いでェ」 そんなこと言うな。
 「北海道って外国?」 そう、そう、その調子。


8 月




『暑 中御見舞い申し上げます』

  緑陰でまどろむ間に雲が流れるようにひと夏 過ぎ、
 ああ、もう涼風が吹いてきた。
 そんな夢をみました。
 
 暑中御見舞い申し上げます。
 お元気でお過ごしください。
 
『水汲みのオキナあり』

 ハーモニーの飲み水はK之介さんが
 山の湧き水を汲んできてくれます。
 千ヶ峰の清らかな水です。
 谷川の泉へ行ってみたいなぁ。


7 月



     




『鳥 は空に』

  先週は男子、今週は女子が特別支援学校か ら。
 実習に来ています。
 18歳の輝く生命です。
 あの明るい笑顔がくもらないように。
 暖かい人の輪に囲まれるように
 彼らを受け入れてくれる仕事場が見つかるように。
 作業場は一時の止まり木です。 羽根を休めて ひと息。
 でも飛んで行こうね!
 
『再燃、マイク争い』

 ホコリをかぶっていたカラオケが復活。
 新人のSさんが「おもちゃのチャチャチャ」「手のひらを太陽に」で
 100点を獲得。
 (童謡は曲のあとで点数が出ます)
 対抗意識を燃やすOさん。
 アクションは点になりません。 踊りは得意。
 ライバルはありがたきかな。


6 月


  







『新 人紹介』

  そよ風、はるかでございます。
 東京からまいりました。
 お父さま、お母さまと3人暮らしです。
 銀座で買ったお帽子かぶって、歩いて通っています。
 
 ハーモニーの新しい風。
 みなさま、およろしく・・・・・・ ホホホ。

 (破裂したような播州弁が恐ろしくてなりませぬ)
 
 ひそかにため息も出るのです。
 でも、スマイル、スマイル。
 
『平成母子草』

 K子さんのお母さんが足指を骨折
 他の病気もあるので、治療は長引きそうです。
 車椅子に乗せて近くの医院まで消毒に通っています。
 今まで母に頼っていたK子さん、車椅子を押して
 付き添っていきます。
 「重くて、重くて」
 自分のダイエットになると思ってガンバレ!
 梅雨の頃までに治るといいネ。




5 月











『君 子、人ごみに近寄らず』

  姫路菓子博オープン。
 初日からすごい入場者です。
 橋本知事がPRにかけつけ、共に白髪の兵庫県知事と姫路市長は
 カスんでいましたがネ。 ―――当然。
 パビリオンや土産売り場は行列で2~3時間待ち。
 トイレも長い列。

 行くの、やーめた!
 おしっこは家でゆっくりしたい。
 御座候は山陽百貨店で買えるしなぁ・・・。
 
『霞の彼方にありといふ』

 はぁ・・・。 (ため息)
 何かエエことないかなぁ。
 はぁ・・・。 (ため息)
 ピンクを着て笑顔で今日もRちゃんは言います。
 「あんたは若いから幸せやないか?」 と後期高齢者のK之介さん。
 「年取ったら不幸なのか?」 とおちょくる人もいて。
 エエことって何やろな。
 みんな捜しているjものだけど。
 具体的に30字以内で表してみよ! ううう・・・。


4 月



 
『ご 回復のきざし』

  おじいちゃんに付き添ってもらって時々来て いたYさん。
 先月からお弁当を持って1人で来るようになりました。
 晴れたり曇ったり。
 無断欠勤で心配することはあるけど、 うちの雅子様は
 少しづつ春に向かっています。
 
『乙女椿よ永遠に』

 姫作連の福祉まつり。
 各作業所が店をひらきました。
 ハーモニーのテントには美人の売り子さん2人。
 女性関係の華やかなK氏の某有名高校のクラスメートです。
 明るく純情な彼女たちに感謝!
 (だっこしたら、次はおんぶだゾ)


3月


  
上の画像をクリッ ク!


『戦 場の日々』

  平和資料館で敬之介さんの講演がありまし た。
 フィリピン・ルソン島での戦いの日々を(2度と繰り返してはならぬ)
 想いをこめて話しました。
 声は大きく、言語明瞭!
 元兵士の体験談は聴衆に深い感銘を与えたようです。
 新聞にも写真が大きく載りました。
 (おっちゃん カッコええ)
 戦場に散った友人はさぞ無念であったろう。
 今年もまた、おっちゃんは慰霊のためルソン島へ旅立ちます。

『シクラメン異変』

 朝日さす君の窓辺のシクラメン。
 毎年テーブルにはシクラメンの鉢があるハーモニーですが、
 今冬は外のプランターで頑張っています。
 ガーデン用。 ミニで寒さに強い種類です。
 ガンコちゃんが歯を食いしばって、ふるえながら咲いています。


2 月

 

 
『ス トレス折り紙 客は変人』

  折り紙を発売中。
 干支(えと)や、ベビー誕生で有名になったコウノトリ一家など。
 指先と脳を刺激して・・・、と宣伝しているが、
 うまく折れないと気分はクシャクシャ。 キーッ
 一袋300円。10袋買った人からお土産にお菓子をいただく。
 フツウの人でしたが。

『はは呑気だね』

 温暖化とはいえ、冬は冬。
 秋と同じ服を着続けているAさん。
 パンツをはき忘れたBさん。
 半ズボンの下はスッポンポン。 素足。
 玉ネギのように重ね着のCさん。
 (洗濯してないヨ)
 それぞれ家庭の事情があり、口出しできないもどかしさ。


2008 年
1月
    謹 賀 新 年

  あけまして、おめでとうございます。
 年賀状に「勤賀新年」と書いてしまいました。
 笑顔で作業にいそしむ年にします。トホホ。
 今年もよろしくお願い致します。



12月







  



『あ したも来てね』

  1日は24時間。
 明日の今は、今日と同じ時刻です。
 Yさんの1日は48時間。
 「忙しいから明日も来てね」 「うん」
 次の日 ―――
 来ない。
 次の次の日、スーとやって来る。
 どこかで時刻を合わせたいのに。
 私たちの常識はいつも惨敗。

『はぶ子復仇』

 「はぶ茶を収穫しました」
 「ええっ?」
 というくらい、今年はあの子たちのことを忘れていました。
 生えとったんか。
 花を咲かせたんか?
 ほなら、嫁に出そうかい。
 ということで、焙じて袋詰め。
 しかし目も手も、心もかけなかったlことを、
 はぶ子たちは知っていたのです。
 色は出にけり、香りはうすし。
11 月



 







『タ ヌキのお金』

  おそうじタイム。
 目立ちたがりのAさんはいつも道路を掃く。
 (ほー感心な娘さんや)。
 つっ立ってホーキを動かすだけ。 の時もある。
 キャッホー!
 今朝、落ち葉の下に¥10みーつけた。
 神も仏もあるもんじゃ。
 きれいな落ち葉を5枚、机に並べたのも彼女の仕業。
 早くお金になぁれ

『私を忘れないでネ』

 数年前、時々来ていたMちゃんが、ハンサムな彼氏と
 手をつないでやってきた。
 軽い精神障害で、普通高校を出たフツウの娘さん。
 同年齢の仲間がいる○○作業所で、辛いことを言われたと
 涙ぐむ。
      私の手を  すりぬけてゆく  私の心
      空の色にも  染まってしまう
 後日、彼女から電話。
 「もう少し、辛抱してみます」
 またいつでもWelcomeよ。
10 月


 


 


『あ なたの瞳で見つめてネ』

  ボランティアのMさんがご近所に引っ越して きました。
 信号2つ西へ行ったところ。
 大きな瞳、まつ毛の長い彼女。
 力ある眼ででピタと視線を合わせて喋ります。
 限りなくゆるみがちの毎日にカーツ! が入ります。
 うれしいことに彼女は現在! 失業中。
 就職すれば逢えなくなります。プー太郎祈願。

『夏よ さらば』

 30℃を越す暑い日が続く。
 アレ? 今日はジージーゼミの声が聞こえない。
 街中なのでツクツクホーシはいないのだけど・・・。
 窓を開けると堀の向こうでかすかな虫の声が。
 空も素直な青い色。
9 月



 







『み んなと一緒に』

  基板の仕事は神経と目を使います。
 急ぎの時は休憩なし。
 - 私にも何かさせてよー -
 お金に結びつく能率と正確さにAさんは応えられない。

 しかし彼女の気 持ちを認めてあげたい。 活かしてやりたい
 充実感を(空腹でなく)味わって欲しい。
 そこで・・・。
 職員の傍らに立って大きな部品を手渡してもらう。
 「ハイ、次!」 「1コづつネ」 時々、声をかける。
 今日は失禁なし、でした。

『雨降って儲かる』

 今夏は死者の出る、異常な暑さ。
 一転して突然の大雨と雷。
 壁から滝のように雨が流れ込んで床は水びたし。
 落雷でパソコンが動かない。
 パソコン神社への賽銭と思って部品換えです。
 全くデリケートな神様だからね
 Yさんの楽しみも、数日おあずけです。
8 月


 




  
『ひ とつ、ちょうだい』

  ろうあ(障)の作業所。
 ふくろうの家がおにぎり屋開店。
 箸まで付いて2コ入り100円。
 カップラーメンと合わせると昼食にちょうど良い。

 徒歩3分の場所 です。
 でも、握りしめた100円が熱くなる距離です。
 (ありがとう)は、  もちろん手話で。
 どんどん売れるといいなぁ。

『あなたは だぁ れ?』

・・・・・べっぴん鏡の巻き・・・・・
 神戸ビエンナーレ2007エイブル・アート。
 ハガキに「すてきな自分の顔」を描いて応募したYさんとOさん。
 キラ星の入った大きな瞳。
 スマートな手足。
 女は現実に目をつむる。

・・・・・くもり鏡の巻き・・・・・
 ハーモニ代表K氏の名刺は似顔絵付きです。
 頭の部分に黒線の加筆、額のしわを1本消去しています。

7 月












『耳 は心の鏡』

  朝の掃除。
 ほうきを握って立っているOさんに
 「ここを掃いてネ」  「・・・・・・」

 もう一度。  「ここを掃いてね」  「・・・・・・」
 「聞こえへんの?」  「うん」
 言葉を選り分けるとても高機能な耳をおもちです。
 聴覚性自動開閉栓。

『七夕の願いごと』

 Yさんのお父さんが入院、手術。
 父親の運転に頼っていた通院ができなくなりました。
 もちろん気分転換の外出。
 障がい者の暮らしを支援する制度(サービス)は昔に比べると
 いろいろあります。
 賢く利用したいものです。ただし、必要なのは利用者からの
 要請です。ボタ餅は棚から落ちない。
 幸い、お父さんは無事退院。
 しかし今回、どんなサービスが利用できたか、検討して
 おくべきでした。
 ケースに応じて助言できるよう、知識を身につけたい、
 と思いました。
6 月










『特 別支援学校  - 何を支えるの?』

  どのような専門学校かと思うでしょう? 
 以前は養護学校と言っていました。
 来春卒業予定の3年生が母親と共に見学に来ました。

 18歳。卒業 後、1日中家にいるわけにいかない。
 卒業先を探すのが親子の大きな課題なのです。
 仕事となると誰にも厳しい面はあります。
 夢や希望が抱ける現実であって欲しい。
 切実に。
 作業所しかない ―――では哀しいですヨ。ホント。

『毛虫が蝶々に』

 Mさんがやっと衣替え。
 黒いフード付きのトレーナーを脱いで、
 白いチェックの上着にお色直し。
 「人目が気になる」からずっと冬服だったと。
 注目して欲しくて防寒着だったのじゃないのか
 乙女心は分からん。
 「よく似合うよ」も禁句。


5月






 
『な め君のぐち話』

  植木鉢の底で、眠りから覚めたら何や? 
 食い物が少のうなってた。
 葉ボタンの茎と貧相なスミレがちょぼちょぼ。

 栄養たっぷり、 ムチムチの春の花がないがな。
 夜中にピンセットでワシらをつまんだり、薬を置く手強いオバハン、
 どないしたんやろ。
 水やり忘れて、オッサン時々叱られとったな。

『カチューシャの復活』

 ハーモニー入り口は赤・青・黄・白の花であふれんばかり。
 K之介夫人が元気に退院してきたからです。
 先日まではまさに冬枯れでした。
 苗を買い、水やり、手入れ、全て自分持ちの有難~い存在です。
 おばちゃん復活 花も満開



 


     
  

『木 の芽どき 痛いどき』

  初夏の次の日は冬、また春の日が続くこの季 節。
 体と心が気まぐれ天気についていけません。

 作業中に発作」 がよく起きます。
 倒れた場所によってはケガをすることも・・・。
 でも、明日を心配するより、今日を明るく

『涙の子守唄』

 還暦間近のT職員、近頃は育児のため休みがち
 さて家庭の事情は次のうちどれでしょう
   ①再婚した若い夫の連れ子
   ②高齢出産
   ③息子夫婦の育児放棄の尻ぬぐい

4 月


  
     

   
『桜 の下でさようなら』

  Tさんが母親の再婚で宮崎県へ引越し。
 「大いに貢献してくれました」と、

 修了証書を授 与。
 電車通勤、よくがんばったネ。
 いつも笑顔をありがとう。
 さみしいな。

『けなげ&したたか』

 ミカンの輪切りを木の枝にさしておくと
 メジロがやってきてつついています。
 白い丸の中に黒い目がある、緑の小鳥。
 鳥インフルエンザに気ィつけよー。
 メジロの恩返し―――は、フンだけ。

3 月

    
・・・



『そ の場で足ふみ、するな』

  すごろく(双六)を作りました。
 まず遊び方の説明。

 カラス、犬の鳴 き声。「おナラをしました」と言う。
 など罰もいろいろ。
 サイコロの目数だけ進むんだよ。

『ザワワ、ザワワは葉っぱの音』

 Hさん家族が沖縄旅行。
 どうだった?と尋ねても返事はない。
 体は大きいけれど心臓の小さいHさん。
 緊張の連続だったみたいです。
 土産はサトウキビ。
 歯が大事だから手が出ない。
 

2月


『こころは何色?』

  無口なYちゃ、無届欠勤で約一ヶ月。
 家庭訪問やお手紙作戦にも反応なし。

 彼女の心はどん な色か?

『梅いちりん!』

  近くに住む祖父がYちゃんを連れて来た。
 プーとふくれ面のYちゃん。

 「ワシしかおらんからなぁ」 明日もたのむで! ジイちゃん。
 時は水車。歯車のかみ合う時はきっと来る。


2007 年
1月




謹 賀 新 年
本年もよろしくお願いいたします。
12月


 
 
『無 農薬 ――つまり手抜きの味』

  お弁当の時間。
 夢前町のハーモニー農園で収穫したはぶ茶を飲んでいます。

 11時半頃、ス プーン1杯きゅうすに入れておくと、ちょう ど良いお味。
 素朴な香りです。


11 月

 

 

『餅 屋のモチ』

  Yさんのおじいちゃんは餅屋さん。
 毎年、秋から冬に仕事をします。

 早朝5時から 作った出来立てホヤホヤのかき餅の差し入れが ありました。
 エビ、のり、黒豆、ゴマ。 美味ー。
 名人の味も後継者がいません。


『スキあり。甘あい 戦争』

  ビンに入れた砂糖の減りが早い。
 ○ちゃんが食べている現場を発見。

 手のひらに載せてパクッ。
 大きな背中で見えなかったよ。


10月


  
『秋 空に吠える』

  きょうされん機関紙の表紙をYさんに書いて もらう。
 彼女オリジナルのクマ猫の顔をサラサラと描く。

 GOOD. GOOD。
 ところが、上手すぎるというので不採用。
 障害者らしくないという理由
 許せん
 老人らしい絵、新妻らしい絵を見たことありませんか
 
9 月



『Welcome  「蚊のエサ」ボランティア』

  ハーモニー農園へ行きました。
 背より高い草の中にはぶ茶が生えています。

 やせて、実が少 ない。
 売り物になるかなぁ。
 一番喜んだのは乙女の(例外あり)鮮血を吸ったヤブ蚊たち。
 若い順に彼らのエジキになりました。

 ゆめさきの森公園で弁当。
 こちらは「マム シ注意」。
 
青々、広々した林で生き返りました。
 
8 月

 

 
『日 曜にご出勤。恥ずかしー』

  一週間の盆休み。
 ゴロ寝のできる我が家が一番。

 勘違いして休業 日に来た人がいます。


『北海道の関西弁』

 8 月21日。高校野球決勝戦を見ながら仕事 をしました。
 
ハンカチ王子より地元出身の田中くん、がんばれ!
 
7 月


 
『ネ コの遊園地?』

  南側の空き地を駐車場として使っています。
 天の恵みの雨続き。

 “待ってまし た”とばかりに元気なのは草、草、草。
 油断していると一面、ネコジャラシの園になりそう。
 (それもかわいいだろうな)
 15分間の草引きで大汗。
 蚊にも食われて、不動産管理は苦労が多い。

 ネコジャラシ:イネ科 、別名エノコログサ


6 月




『雨 に咲く花』

  梅雨に入り、天候不順の毎日です。
 くちなしの白い花が部屋に香っています。
 実はコレ匂い消し。
 目に爽やか、強い芳香が心をなごませてくれます。
 シャンプー、着替えを忘れないでネ。



『新人紹介』

  色白で長身16才。Y.ミサコさん。
 くちなしの花のように可憐で無口。
 ケーキより和菓子が好きです。
 みなさん、どうぞよろしく
 ハーモニーはべっぴん限定なのです。

 
5月
『完 売御礼』

  昨秋から売り出された はぶ茶、 すべて売れました。
 作業所直売は100g100円で超お買得。
 「おいしかった」といって来店された方、今秋まで待って超大!
 ハーモニーのはぶ茶栽培は自然農法。
 要するに、手を出さない放任農法なのです。
 
3 月・4月




 
         



『3月末に大変態―――― おっと・・・。』

  桜の季節、姫路市が大きく変わりました。 
 香寺、安富、夢前、家島と合弁して53万人の大都市に。
 お城観光だけではない、姫路の魅力が広がります。
 住みよい街とは?
 笑顔であいさつをかわす
 道路のゴミを拾う。

 毎日しているこ とだけど、忘れないで続けようネ!


『仰げば高し JR
    恨みは深し 開かずの踏切』


  ハーモニー代表者の中学生時代。
 遅刻の常習犯といわれるのが一番の悩みでした。
 原因は駅西にある踏切。
 開かずの踏切と呼ばれ、30分以上も開かないことが多かったのです。
 3月、山陽本線が高架になり、彼の悲願は40年目に実現しました。
 少年老い易く。頭に白をいただく齢になってしまいました。
 
  
2 月



 
  


 
『寒い午後はカラオケであっ たまろー♪』

  家庭用カラオケ、e-カラに新曲を追加。ア ニメの歌や動揺。 
 インターネットオークションで買ったものです。
 歌ったあとに点数が出ます。
 27点で大いばり。
 これ100点満点なんだけどなぁ・・・。
 マイクの電池がすぐ切れます。


『夏よ来い!』

  歳末助け合いの助成金で冷蔵庫を購入。
 2ドアです。珍しくもないけどうれしい。
 入れるものがなく中はガラガラ。
 氷を作ったけど、誰か熱でも出さないか? 

2006 年
1月




謹 賀 新 年
本年もよろしくお願いいたします。
12月


   


 
『宙 に浮く美女? 乞うご期待』

  市内の作業所約200名が集って年末交流会 を開催。
 中味は「忘年会」なのですが、行政の方々から「その呼び名はなぁ」とチェック。
 特別ゲストはピース柳井さん。
 マジシャンというより手品のオッチャン。
 マジックは、おしゃべり50%、技術50%。
 失敗しても気付かない心の広い客は大拍手でピースさんは苦笑い。

『和製モーツアルト 福田直樹氏チェンバロコンサート』
 
 西大樹台の善教寺で障害者のためのミニコンサートがありました。
 海外で活躍中の福田さん。
 演奏はもちろん、顔よし、声よし。
 神は多くのものを1点集中されました。
 お寺で聴くバッハの教会音楽に感動。
 
 
11月


 



 
『ウーンとダイエット』

 
[はぶ茶あり ます][うちの農園で実りました]のポスターを表のガラ ス戸に
 貼ったところ、お客さん第一号が来られました。
 「200gください」、うれしくて50gおまけしてあげました。
 お通じをよくして毎日ウ~ンとダイエットして下さいね。
 よく焙じてあるので、きゅうすで充分に味が出ます。
 胃にやさしい ぬるめのはぶ茶!

『姉○の妹 は・・・』

 南西にあるビルの解体工事が始まりました。
 もと信用金庫だった建物です。
 マンション建設予定です。
 東延末はマンションの街になりそうです。
 姉○さんの妹が住めば安心だけど?



10 月


 
 
  

   

  

 

   
『は ぶ茶』販売開始!!



量り売りも
いたします
内容量 170g
大さじ1~2杯を、1.5リットルに沸騰したら弱火にして10分くらい煮出して下さい

発売 福祉作業所ハーモニー
       ℡ 0792-88-0723



9月

   
『小 さな喜び』

 
お城前の観光 施設、家老屋敷公園の売店レガーレで「ヨッしょい」が
 3本売れました!
 「まぁ、980円のヨッしょいが3本も」と喜ぶ私たちは一般社会の通念とは
 だいぶかけ離れた人種かも・・・。


7月・8月






『ケ ~ケ~ケ~』

 
暑くて、みん な体調がよくないです・・・。
 でも、Bさん、パンツとブラはちゃんとつけて来て下さいよ。
 ムダ毛の処理も自分では出来ません。 家庭でしてください。
 作業所でできる範囲は生活のごくごく一部なのです。

『ハーモニー農園』

 夢前町のハーモニー農園は、エビス草(はぶ茶)の天国。 大繁茂です。

6 月



     


『珍 客来々』

 
スリランカ人 の青年僧ラキッタ・テーローさんが来られました。
 Tシャツに袈裟、サンダルばきです。 How are you? などと言いながら、
 ニコニコ 笑顔ですぐうちとけました。
 日本人には恥ずかしがりなのに。 みんなinternationalなのネ。

『夏のお客さま』

 Aさんが姫路駅の雑踏でチカンに胸とお尻をさわられました。
 怖くてトイレに逃げ込んだとのこと。
 非常ベルを持たせることにしました。
 お守りになれば良いけど。


5 月

  



 
   
『e -kara』

  イーカラ カラオケセットを設置。
 TVにつないでカラオケを楽しめる高級家具。
 10代から70代向けの幅広いレパートリーが、マイクの取り合いの原因です・・・。
 時々は画面にない自作の曲を叫びます。

『回転寿司』

 
11時に仕事 を切り上げて、駅前のスシローへ行きました。
 自分で稼いだお金でおすしを食べるのだ!
 うれしくて、うれしくて朝6時に目覚めました。
 おすしが回る。目も回る。


4 月




 
 
     
  


  

    





『春 のバス旅行』

 職 場や作業所のワクを離れて一緒に遊びま しょう、とNPO「咲いたクラブ」の
 山本さんに誘われて、3月末に淡路島へ行ってきました。
    ―「咲いたクラブ」って何物・・・?障害者の余暇活動を支援している団体。
 花の島は、春の息吹がいっぱい。菜の花、カーネーション、水仙、キンセンカ・・・。
 タコフェリーに乗った。大橋も渡った。
 ウェスティンホテルでトイレ休憩。話題のベッカムのサインも見ました。グシャグシャ
 英字でサッパリ読めへん。
 初対面で恥ずかしかったけれど、今度会ったら話もできそうです。
 行ってよかった、バス一台の小さな旅。

『野里・出愛の里』

 ギャラリーとして使われている町屋の敷地内にあります。
 さすが城下町姫路。
 堂々たる屋敷の中庭は、チビッ子の野球やゲートボールのできる広さです。
 鶏を飼ってタマゴを産ませて、それから ― アッ、よその庭でしたね。
 利用者は全員18歳。
 新年度、新しく開設された作業所におじゃましました。

『下余部・くすの木工房』

  隣家の庭にそそり立つ楠の巨木が目印。これは市の天然記念物。
  庭のある古い民家を一部改造。 縁側、欄間の意匠、立派な床柱。
  落ち着いた安らぎに満ちた暮らしの雰囲気があります。
  オリジナル商品のケチャップは、市販品に比べて、粘りがなく、色が悪い。
  しかし、これは保存料を使わず、自然素材だから。わかる人は買う。
  コロッケも試作中。


3 月

平 成16年度[NHK歳末たすけあい 義援金]の配分を受けて
パソコン・プリンター・会計ソフトを購入することができました。

                   ― ありがとうございます!―


2 月


  
    
  
    
   




 
    

     
  


『テレビ放送開 始』

 2005年1月 ― テレビを買いました。
  見慣れた家電ですが、家で見るのと作業所で観るのでは写りが違います。
  テレビを観るのも学習―という感じ。(昼休みにみのもんたを見ているのにね)
  なぜ、こんな高い買物が出来たのかというと・・・
  県・福崎健康福祉局より助成金をいただいたのです。ありがとうございます!
  ・・・ある寒い朝のこと、この申し出は突然でした。
 予算内で、益があって、害にならないもの。みんなが喜ぶもの。
  そこで、テレビに決定!
  テレビ体操で気分転換とダイエットをしたい。
  でも、もしレオタード姿で体操しているときに、お客さんが来られたら・・・(恐ろしい)


『最近ハマっているおやつ』

  作業台にテーブルクロスをかけると休憩タイム。
  〈作り方〉
    ①芋を斜め輪切りにする。
    ②レンジで4分 チーン♪
    ③オーブントースターで焦げ目をつける
    ④塩をパラパラ   出来上がり!

    敬之助さんの奥様からいただいたさつま芋で、アツアツ即席焼芋を作りました。
   簡単でおいしい♪ でも、PU~♪ は外でしてね(^^; 



2005 年
1月


     謹 賀 新 年
       本年もよろしくお願いいたします。


12 月






  
    

 

  

 
    





『さようなら  大坪さん』

 夢前町ハーモ ニー農園の主 大坪さんが遠い国へ旅立たれました。
 街中で過ごす毎 日、自然豊かな畑の恵みは、お腹だけでなく
 心まで生き返らせてくれました。
 苺をありがとう。
 スイカをありがとう。
 お芋をありがとう。柿も。サルナシも……。

 さつま芋を掘って、みんなで分けました。
 大坪さんの遺品を食べてしまいました。
 おいしいけれど、悲しかった……。  ―合掌―


『ひろめ市場消え る!』

 オープン半年後 あたりから曇りがちだったひろめ市場の灯りが
 10月12日に消えました。
 「ストラップ・ヨッしょい」や靴を置いていたレガーレも、電気を切られ
 シャッターを下ろした店では営業できません。
 補助を受けての営業でしたが、「障害者の生きがい」の場、などとマスコミ
 にも取り上げられました。

 商品の引き上げはハーモニーが一番。新聞で閉店のニュースを知り、すぐに
 駆けつけました。のん気にカレーを食べているお客もいましたよ。



『図書館 手柄分館へ』

 散歩がてら行こ うねと決めた春は過ぎ、長く暑い夏を耐えて、やっと行ってきました。
 船場川には大きなコイが泳いでいます。
 橋の上からしばらくコイを眺めて、いざ、図書館へ。
 紙芝居を二冊。雪だるまの本。
 何より人気なのは歌の本でした。小さい頃に覚えた歌は忘れません。
 落ち込んだときも、大きな声で歌えば心が晴れます。
 一人よりみんなで歌えばもっと楽しい。
 音楽の不思議な力。



4 月・5月





  








    

『13回 ひょ うごゆうあいスポーツ大会
     荒木千裕さん ソフトボール投げ女子の部 第2位』


5月8日(土)明石市の3ヶ所の会場で開催されました。
メダルは数日間リースに飾って、みんなで感激を分け合いました。
バスを貸切で乗り込んでくる団体も多い中、たった一人ハーモニーのプラカードを持っての 開会式でしたが、よく頑張ったね!!
学校を卒業して小規模作業所などに通うと、同年齢の友人が少なくなります。
一般企業のように部署移動がないので、自分に適した作業を選ぶことも難しい。
このような行事を通して旧友と逢ったり、新しい友達を作る機会をもっと作りたい。
城の西にある緑豊かな競技場で、恩師や後輩と抱き合って再会を喜ぶヒロイン荒木さんでした。



『カ・カ・カァ~ カラス便り』 ― カラスからのエア・メール ―

今年のハーモニー農園の苺は、ワシらがいただきました。
「ごっつぉさん!」
夜明けの山の冷気の中、露にぬれたルビーの粒。最高~!寿命が延びたでぇ。

・・・と、いうわけで、今年はハーモニーのイチゴ狩りは中止です。
カラス ― 特に夢前町の彼らは頭が大きい。脳みそだって、きっと多いのだ。
鶏に比べ、体も大きい。翼を広げるとかなり大きな鳥で、2羽のカラスがこちらにむかってくると 威圧感さえ覚える。こりゃ負ける。
お~い、カラスたち!カラスの恩返しというのはないのカァ~?



2 月・3月




    





  









『4.5時間  ハーモニータイム  ― 月 ~金 ―』
              あとの二日は寝て過ごす?それとも、それとも・・・。

 朝、仲間が2人 以上そろったら、清掃始め! ホーキとチリトリ 又は 雑巾組。
 冬はホーキに人気集中!時々取り合いにも。
 時々バケツに湯が入っていてにっこり。

 10:00
  作   業  -  基盤か紙折かで座る場所も違います。
                立ってする方が能率が上がることもあります。
                腰痛に注意!エッ、まだ10時半!?
 11:00
  ティータイム -  テーブルクロスを敷くと、休み時間のしるし。
                お菓子が湧き出る不思議な籠があって、
                いつも何かあるのです。
                湯のみ洗いは順番にやっています。
                「ありがとう」を忘れずに
 11:15
  作   業  -  昼休みまでもう少し。がんばろう!
                まだエネルギーは残っています。
 12:00
  昼 休 み  -  オーブンと電子レンジがあるので、あたため直しもOK!
                時間いっぱいかけて食べる人、さっさと食べて遊ぶ人・
                昼寝する人、休憩時間の過ごし方は人それぞれ。
 13:00
  作   業  -  眠いけど、元気出してやろうネ!
 13:50
  ストレッチ  -  血液の流れを速やかに。眠気も吹き飛ばそう!
 14:00
  リラックス  -  今夜のテレビの話で盛り上がります。
 14:30
  片 付 け  -  お疲れ様。さようなら。


『春の匂い  ― いかなごのくぎ煮 ―』

お寺の前を歩いて いると、なんとも強烈な匂い。いきなり鼻にきて、胃に直行。
水を一滴も加えずに魚を炊く、播州名物いかなごのくぎ煮。
実はこの匂い、お寺ではなくそのお隣からの匂いでした。
関西・瀬戸内沿岸に春がきた!!
梅や芽生えの香りでは、こうも人の心を揺すれない・・・。



2004 年
   1月

    



   謹 賀 新 年

    本年も昨年同様よろしくお願いいたします。


11・ 12月






     

  




    
  
     



 

“時々お留守で す”

「農作業に行っています」という張り紙の時はハーモニー農園へ柿取りに。
「お散歩中 すぐ帰ります」の時は、買い物か本当の散歩中
東向かいに建設中のマンションの工事音がものすごい日は、散歩がGOOD。
ここの通りは旧飾磨街道なので、歩けば文化財的建築物もあり、文化と伝統に満ちています。
長年磨きこまれた格子や手入れの行き届いたお庭の奥に、確かな暮らしがあります。
「馬車が通っとった。ワシら、その馬のクソを拾ったもんや…」という話も聞けます。
細い道を曲がると、思わぬ所に田んぼがあったり、畑に鈴なりの柚子の木があったり、 姫路城下から南へ下る農村地帯だったという話を裏付けています。蛙が鳴いていたって???
張り紙をして様変わりしつつあるこの街道を歩いてみましょうか。



“共作連の忘年会”

12月第一土曜日は去年も雨。今年は230名の参加者で賑わいました。
三色すみれの歌を聞いて踊ったり、プレゼント交換で喜んだりがっかりしたり。
各作業所の紹介スピーチがありました。指導員が長々説明するよりも、利用者の一生懸命な 発表に皆さん聞き入っていたようです。
笑い声の絶えない作業所、と自己紹介していた某グループ、笑い疲れた顔をしていました。
オシャレして来年も行こう。



“父帰るの心境 復縁なるか”

―なったのです―  基盤の仕事が復活しました。
ある日イーグル産業の噂話をしていると電話が ♪~♪
半年振りです。少し遠ざかっていたので勘が戻るまでもたつきましたが。
この仕事でハーモニー作業所はスタートしたのでした。
納期の急ぐ時はお茶の時間もなく緊張しますが、形が出来てゆくのを見ると、達成感があります。
途切れることなく続く仕事はないのです。しかし正確な仕事をして信用されたい。



10 月



   





   
“チボリへ行っ たよ”

姫路市内の作業所が集まって、倉敷のチボリ公園へ。
団体バス集合場所の駅南には、1時間も前から来ている人もいて、出発前から気分は 盛り上がっていました。車内のマナーも良く、途中のお○ッコタイムも予定通り済ませ、 皆様、ホントに紳士、淑女であられられました。
共作連、13年目にしてやっと実現した合同バス旅行です。
              来年もまた・・・♪



ありがとう!浜熊さん!”
姫路城周辺を中心 に、お祭りがありました。「ふれあいフェスティバル2003」
浜熊さんが “郷土料理、あなご丼の店を出すので、ヨッしょいも売ってあげましょう” と言ってくださり、ご好意に甘えさせていただきました。すると・・・
なんと11本も売れたのです。私たちもびっくり!
              【播磨灘の味、浜熊もよろしく!!!】



9 月








 

    


 
“農園だより”  ~夢前町大坪農園から~

夢前町のハーモニー農園(自称)にサルナシがたくさん実りました。
去年は2~3個で、期待がかかった今年の実りです。
大坪さんがジャムと砂糖煮にしてくださいました。甘酸っぱいお味。
別名コクワとも言って、昔は山里の子供たちのおやつだったとか。
猿の梨かな?だからサルナシ?自然発酵してサル酒になる?
こぶとりじいさんが、酔って踊りをおどりましたとさ・・・。

        ※ テレビ「スパス○」でも取り上げられていた、
                     腸をきれいにする木の実“サルナシ”。
        ※ 詳しくは、プチ・ガーデニングを見てね。



「ストラップ ヨッしょい」

福祉作業所の製品を売るとき、皆様のご理解を― などという言葉がくっつく。
ご理解を訴えながらの販売に限界があるのは当然。ティッシュケースやタワシなどは、 たびたび買い換えるものではない。
イベント会場やバザーも、天気に左右されて安定した売り場ではない。
兵庫県下の作業所、授産所の製品を商品カタログにして売り出そうということになりました。
ハーモニーでは、「ストラップ ヨッしょい」で参加。宣伝文句も考えました。
商品撮影は、なかなか難しい。やはり実物通りの写真にはなりません。
        今年中にはカタログが出来上がります・・・。



8 月



  







   
“くだものが いっぱい” ~休憩時間にいただきました。~

「何?これ???」
アズキ色の赤黒い、フニャとしたもの。ご存知、いちじく。
「見たことない!」「食べたことない!」と大騒ぎ。
皮のむき方を教えてもらい、そろそろ口にいれました。
「あっ、おいしい!甘い!」 おいしい初めての体験でした。

雨が降り続いた今年、大坪農園のスイカも日照不足。でも、何度か大きなスイカをいただきました。
タネは新聞の上へプップッとはきます。
”ウチは英字新聞をスイカのタネ吐きに使っておりますのよ” ホホ

ハーモニーには不思議なカゴがあります。バナナのカゴ。
無くなるといつのまにかバナナが入っている。(実はお隣のK氏の奥様が入れてくださっている)
エネルギー源にもなるので、商品のカブトにもひとくち与えます。

どこの不精者のアイデアか。皮をむいた甘栗。
一度に2・3個まとめて口へポイポイ。 お盆のお供えのおさがりです。
 南無、南無。



7 月


    

   






“カブト騒動”

7月中旬から、「ヨッしょい」だけでなく、クワガタとカブトムシを売り出しました。
軒先にピンクと黄色の旗を揚げて人目を引く作戦です。
カブトはペアで300円という値段がうれしい。(でしょ?)
夏休みになり子供のお客を待ったのですが、「孫にプレゼント」「幼い息子に」と、大人の客ばかり。

ある日のこと。♂♀別々の容器に入れ、テープで蓋を止めていましたが、朝気づくとメス5匹の箱が空っぽ。 オガクズにもぐりこんでいると、角のないメスは目立たない。気づくのが遅れた原因です。
自由なった彼女たちが求めるのは、新鮮な空気と水。窓近くの天井、ビニールクロスのひだの中、
流し台の下。クンクン、窓近くは今もカブトくさい。(おしっこかな?)
いまだ2匹は逃走中。北隣のお寺は木が多く、鳥や虫の楽園。あの中にひそんでいるのかな。
お~い、友達連れて帰って来いよ~!

兵庫県内の福祉作業所でカブトムシを販売しているのは香住の社協のみでした(昨年度)。
今年はうちだけかも?冬を越せないので、アイス同様夏場の勝負です。



・・・悲しい事件・・・

小学生らしき男の子が二人、通用門から入ってきて「カブトみせて」
カブトを見たりクワガタを触ったり。選んでいるのかなと目を離したすきに、カブト2ペアを持って逃げて行ったのです!
病気の親にカブトムシを煎じて飲ませたいなら、いいよ。
盗るな!傷つけるな!狼や猿に育てられたならいざ知らず、人に育てられたなら知ってるだろ!!!



6 月


 
    

  
  



“念ずれば通じる”  とは思っていなかった。

前の空き地にマンション建設工事が始まりました。 地下は駐車場だそうで、巨大な穴掘り機がゴンゴン!  延べ人数にすると、かなりの工事関係者が出入りするはず・・・。
ヨッしょいを2本くらいは売るぞ、と目標をたててポスターを貼りました。ところが・・・。
なんと一向に売れそうもないので、目標1本!に変更して時を待ちました。
するとある昼休み、電気工事のお兄さんがやって来て、2本買ってくれました。
無口な3人組だったけど、色違いの注文もしてくれたらな・・・。 目標を4本くらいに直してもいいのですが。

授産振興センター「レガーレ」はひろめ市場2F、ゲーム機の奥にあります。 食堂街の中央からは見えにくい場所です。
店を覗くたびに展示場所を変え、机や棚を並べて商売やる気を感じます。
公園のバザーでは参加するのが目的の雰囲気があり、買う気が半減しますが、 ここは各作業所の売る努力を感じます。(私の目は公平じゃ)
“障害者” “健常者” 関係なく、良い品だと思ったら買ってください。



5 月






   



[大手前通り ひろ め市場オープン!]

授産振興センター 「レガーレ」に 携帯ストラップ “ヨッしょい” を出品しています。
“黄色-金運 ピンク-恋愛運” など風水占いをつけて、お客さんを呼ぶ企業努力をしております。 是非一度お立ち寄りください。
年内無休のひろめ市場 レガーレは、ドリンク・軽食・ビールもあります。

気持ちのいいお天気のある日、新舞子の海岸へ行ってきました。
砂山崩しやトンネル堀をしました。干潮は午後3時過ぎとのことで、 残念ながら貝は掘れなかったけれど、お散歩しながら美しい海、広い海を堪能しました。
海の家「シーサイドみゆき」でおいしい昼食をいただき、大満足! 人食いザメに食われることなく無事に帰ってきました。



4 月


     







ハーモニー開所 一周年    -365日たちました-

大きな理想もかかげずに今流行の自然体で船出をしましたが、沈没もせず、 嵐にも遭わず、春の海をたゆとうております。へへへ・・・。
「とてもみちゃおれん」と、とりまきの皆様のお力添えをたくさんいただいて、
何とか1ページをめくったところです。

春休み、姫路養護学校の3年生、荒木さんが手伝いにきてくれました。
人は石垣、人は城と言ったのは武田信玄。ハーモニーでは、人は風です。
何となくつまらない仕事も、一緒にすると楽しいと感じます。 並んで作業すれば、つい頑張ってやってしまう。 負けないわヨという気持ちになって、はりきってしまいました。新しい風をありがとう。

春めいてきて、あらあらと思う間に本当の春がきました。何やら心も浮き立つ思いのある朝。 休憩時間を長く取ろうかとしたら・・・急ぎの仕事です。基板100枚。 休み無しで取り組みました。そんな時に限って間違えるのですね。


3 月



    
 





 
”電子レンジとオー ブントースターいりませんか”

引越し荷物を処分するという近所のSさんから声がかかりました。
車で運んでもらい、ピカピカに磨きあげました。新世帯みたいで心はウキウキ。
でも、使わなければ場所をとるただの箱…。

そう、この時期は… ”バレンタインとひなまつり”新しい調理器を使うチャンス!

やってきました、2月14日。誰にでも出来るという、噂のもこもこケーキ。
卵と牛乳で作るケーキです。電子レンジでチーン。見る間にムクムクふくらんで
甘い香りが流れ、黄色のケーキになりました。レンジで溶かした板チョコをとろーり。 わぁ、いい感じ。ナイフで切り分ける。ウェディングケーキ?
こんなおいしいもの、男になんか食わせられん。女だけで、ご馳走様。でした。

ハーモニーの行事は、いつも食べ物と結ばれています。 ひなまつり→ひしもち→桜餅(なければ鶯もち)。御座候まで行き着く前に、お抹茶が登場。
やや緊張して、ジャバジャバと茶せんを動かしました。BGMは宮城の道ちゃん作曲「春の海」。 しかし、これで終わらせてはいけないのだ。家から作業所へ行くのも社会参加です。 そこがミニ家族になってはいけない。
マナーを覚えて、本物のお茶席に行こう!お金を払って緊張してみよう。 美しい城を眺めつつ、(ニガーい)お茶を味わってみよう。
目標 : 好古園のお茶席に行こう!(500円)



2 月

 

      







    
昨年の忘年会。ボランティア三色すみれのハーモニーに触発さ れて、 ということもありますが・・・。 (^◇^)~♪
ある日突然、芸術に目覚めました。リコーダー2本とギターを揃え、 ”おう、私らもやろうじゃないの!” ところが、♯や♭のついた曲はダメ。 ハ長調またはイ短調で演奏しやすく、人を魅了する曲となると・・・。 元バンドメンバー、元クラシックギター、元ブラスバンドのなりそこない。 もう音楽のない生活なんて、果てない岩石砂漠を行く如し、です。 発情したように笛を吹き、「今日はえらい賑やかやな」と、ご近所のK氏にからかわれています。 ”コンドルはとんで行く” ”イエスタディ” ”シシリアーナ”が目標。 どんぐりころころや、故郷の人々は簡単すぎて、ネェー。
誤解を防ぐため、練習は昼の休みに限り、 なおかつ昼食時間は削っていません!

1月22日(水) この日は近年になく冷え込んで、前夜から雪が降りました。 道路が凍結して事故が続出。救急車の出動が、灘祭り以来、多かったそうです。 そんな日でもハーモニーは大忙しでした。 仕事を受けているイーグル産業で、基板の仕事を沢山もらってきたのです。 バスも車ものろのろ運転の厳しい寒さの日、なぜかみんな盛り上がってしまいました。
異常ですね。 (>_<)




戻 る